×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

乳児湿疹とは?

乳児湿疹とは、赤ちゃんの顔や体に出る赤い湿疹のことです。湿疹にはいくつかの原因や症状があるのですが、それらを総称した呼び方です。
代表的なもとしては、「乳児脂漏性湿疹」というものがあります。
「乳児脂漏性湿疹」は頭やおでこのあたりにかさぶたのようなものが出来たり、ほほが赤くなったりする症状です。
このような軽い乳児湿疹は生後2週間から1歳くらいまでの赤ちゃんにはよく起こるものなので、あまり心配する必要はありません。
大抵の場合病院などでの特別な治療などをしなくても数ヶ月から1年以内には自然に症状が消えていきます。と言っても何もしないのでは赤ちゃんがかわいそうですから、お母さんが家庭で出来るケアの仕方を後でお話します。
問題なのは乳児湿疹が「アトピー」にまで発展した場合です。
「アトピー」は「乳児脂漏性湿疹」がさらに悪化してなる場合と、全く別の原因で起こる場合があります。お母さんは乳児湿疹がアトピーにまで発展しないように赤ちゃんを普段から良くケアしてあげるようにましょう。

乳児湿疹の主な原因は?

乳児湿疹の主な原因は、汗や食べこぼしの汚れなどが原因です。症状としては頭や額、あご、の周りに赤いポツポツがでたり、赤くカサカサになったり、時には少しジュクジュクしてかゆみを伴うことがあります。
特に髪の毛の生え際などは皮脂が多いので、不潔になりやすいために症状が出やすくなります。
皮膚の毛根の周りには皮脂腺と言うものがあります。それは皮膚を外部の刺激や細菌などから守るのが目的です。
ところがその皮脂腺から出た脂肪を長い間そのままにしていると皮脂が固まって黄色いかさぶたのようなものに変わっていきます。
生まれたばかりの赤ちゃんは、お母さんからもたったホルモンの影響で大人よりも皮膚の分泌が活発になるので皮膚のトラブルが起こりやすくなるようです。
そのほかの原因としては、皮膚には誰にもマゼラン菌といいうカビの一種が付着しているのですが、皮膚を良く洗浄していないとそれらの細菌が極端に増えることによって乳児湿疹の原因になります。
毎日洗って清潔にしているのに、1〜2ヶ月以上経っても悪化が進んでいく場合はアトピーである可能性があります。

あなたのお子さんがアトピーで苦しんでいるなら、
以下のアトピー性皮膚炎専門医「稲葉葉一先生」紹介のレターを参考にしてみてください!!

>> アトピーは間違った方法で治療すると、もっと酷いことに・・・

一日でも早く、きれいな肌を取り戻すためにも、是非お読みください。

 ・・・ 全国から押し寄せる患者さんたちで、予約3ヶ月待ち、

      アトピー性皮膚炎専門医「稲葉葉一先生」が

   アトピー患者2万9,688人の臨床データを基に作り上げた

自宅で簡単に出来る「稲葉式アトピー完全克服プログラム」とは?・・・ の紹介です。

 

◆ 何故・・・?

◆ 稲葉先生が診た患者さんは、全員・・・

◆ アトピー性皮膚炎を簡単に克服してしまうのか・・・?

 

▼理由をいち早くご確認したい方はこちらから▼
http://www.infotop.jp/click.php?aid=17819&iid=30996

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
この「稲葉式アトピー完全克服プログラム」を読んで
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
頂きたいのは、お子さんのアトピー性皮膚炎に悩んでいる
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ご両親だけではありません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

できれば、現在、患者さんを抱えている現役の小児科医や
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
皮膚科医の先生にも、是非読んでいただきたいと思って
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
います。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
アトピー性皮膚炎を悪化させてしまっている理由は、
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
間違った根本原因の把握にあります・・・!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

誰もが勘違いしている、その驚きの根本原因とは・・・?

▼原因をいち早くご確認したい方はこちらから▼
⇒http://www.infotop.jp/click.php?aid=17819&iid=30996

 

お子さんを中心に、悩まれている方が非常に多い病気にも
関わらず、全国には、アトピー性皮膚炎を専門に診ている
医院が少ないのは事実です。

 

しかたなく専門外の小児科や皮膚科に通っているご両親も
多いのではないでしょうか。

 

国ですら本当の原因の認識が良くわかっていないこの病気
の現状にあって、

どのように・・・???

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

2万9,688人のアトピー患者を例外なく
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
改善・治癒させているのか・・・?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

稲葉式アトピー理論に加え、自宅でのケアーや改善法まで、
具体的に誰にでもわかるように書き下ろしました。

▼稲葉式ケアーと改善方を今すぐ確認したい方はこちらから▼
⇒http://www.infotop.jp/click.php?aid=17819&iid=30996

 

病院に通っているにも関わらず、
アトピー性皮膚炎が一向に改善にむかわない!!

 

かえって悪化してしまった!!と言う方々が、
何故、最後の駆け込み寺として、稲葉先生の
病院を選ぶのか?

 

それは何か特別な治療や薬を与えているわけではありません。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
では何をしているのか・・・?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

その「鍵」は、アトピー性皮膚炎の
【根本原因の把握と自宅での正確なケア】にあります。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

他の病院に通っているにも関わらず、先生の病院に駆け
込んでくるご両親達は、例外なく、アトピー性皮膚炎の
間違った情報や常識を持って来院されます。

 

常に、ご両親のその間違った認識をリセットする事から
治療は始まります。

 

良くなるものも逆に悪化させている場合もあるのです。

 

【例えば、よくある間違った診断】

〜食物アレルギーやダニ・ハウスダスト〜

 

一卵性双生児の双子のお子さんが、二人とも同じ物質の

食物アレルギーだとします。

ですが、

 

1人だけがアトピー性皮膚炎で、
もう1人はアトピー性皮膚炎では無い場合があります。
両親も同じ、食事も同じ、生活環境も同じ、

なのにも関わらずです・・・

 

ですから、そのアレルギー食物を除外すれば治癒する
と言うよくある診断は間違っています。

 

食物アレルギーが、アトピー性皮膚炎の
直接の原因ではないと言い切れます。

直接の原因は他にあります。

 

2人がダニ・ハウスダストのアレルギーで
1人だけがアトピー性皮膚炎で、もう1人は
アトピー性皮膚炎では無い場合があります。

 

掃除を一生懸命すれば、アトピー性皮膚炎が
治癒すると言うよくある診断は間違っています。

 

ダニ・ハウスダストだけがアトピー性皮膚炎の

『直接原因ではない』
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
と言い切れます。

 

ちなみに、このダニ・ハウスダストアレルギーの双子
のお子さんのアレルギー原因は、掃除機を追っかけ
まわす【クセ】が、アレルギーを引起させてしまった
理由でしたが・・・

 

アトピー性皮膚炎との関係は別の所にありました。

 

 

では、「アトピー性皮膚炎の根本原因は・・・」

約3万人の患者さんの臨床データによって確認された
アトピー性皮膚炎の根本原因と改善法を、
全国でも希少なアトピー性皮膚炎専門医(稲葉先生)が
分かりやすく丁寧にお教え致します。

この機会に是非、動画での説明をあなたの目で実際に確かめてください。
⇒動画での説明はこちらです。

 

◆〜〜〜〜◆
追記
◆〜〜〜〜◆

アトピー性皮膚炎は、いい加減な診断や、
間違った治療などにより重度の状態になり、
成人しても治らない場合があります。

 

女の子の場合、傷などが残り、取り返しの付かない
状態になる場合もありますので、早めの処置をお勧め致します。

 

このサイトが、お子さんの将来を
変える事になるかも知れません。

⇒心当たりのある方は、是非、こちらの内容を確認してみてください。

 

 

Copyright © 2007 乳児湿疹、アトピーの原因とケアの方法